ムーディー勝山 お笑い動画

●ムーディー勝山の生い立ち

今日御紹介するのは、ムーディー勝山の生い立ちに関するお笑い動画です。

この番組により、ムーディー勝山の知られざる側面が見えてきました。

まずは、その動画を見てもらいましょう。


ムーディー勝山の爆笑動画はコチラをクリック!


<この動画で新たに分かったこと>

●ムーディー勝山は本来、ピン芸人ではなく、「勝山梶」というコンビで漫才をやっている芸人。

●ムーディー勝山は26歳。
 (とても、そんな歳には見えない。ムード出まくり)

●ムーディー勝山の実家は滋賀の栗東。
 現在は大阪の玉出に住んでいる。

●ムーディー勝山は中学時代の頃から「友達からムードがあるな」と言われていた。

●右から左へ受け流すの歌は、ムーディー勝山がほうきで、右から左へ掃除している時に、「右から右から」という歌詞がメロディー付で頭の中に突然浮かんできて、出来たもの。その歌詞とメロディを忘れてはいけないと、すぐに携帯で録音した。

●ムーディー勝山の持ち歌として、
* 右から来たものを左へ受け流すの歌
* 上から落ちてくるものをただただ見ている男の歌
* 数字の6に数字の5を足しましたの歌
* 2日前から後頭部に違和感がある男の歌
* ただ単にキノコのことを歌った歌
がある。

●何の影響を一番受けているか?との問いに「勿論、ムード歌謡」と応えるものの、司会者に、それが本当なのか疑われる(笑)。

●影響を受けたムード歌謡歌手として、石原裕次郎と黒沢年男の名前をあげる。
posted by ムーディー勝山お笑い動画FAN at 17:02 | ●ムーディー勝山の生い立ち