ムーディー勝山 お笑い動画

●ムーディ勝山のプロフィール

<ムーディー勝山のプロフィール>

1980年6月11日生まれ。滋賀県大津市出身。
漫才コンビ・勝山梶の勝山慎司がムード歌謡ネタを披露する時の歌手名、キャラクター名。
服装は、白いタキシードと黒の蝶ネクタイ。
髪型はポマードを付けたような横分け。
そして付けヒゲ。
右手に金色のマイクを持ち、左手は腰のあたりで肘を曲げて拳を握ったような格好で、一点をずっと見たまま、アカペラで持ち歌(ネタ)を披露する。
大阪NSC23期生、吉本興業所属。
実家は滋賀県栗東市。
玉出在住。血液型O型。


<ムーディー勝山のトリビア>

* 尊敬する歴史上の人物:織田信長(ムードがあるので)

* 好きな四字熟語:無有土尾

* 好きな女性のタイプ:ムードがある方

* 今まで一番言われてショックだった言葉:ムードがないね、空気悪くなったぁ

* 今まで一番言われてうれしかった言葉:なんか雰囲気いいな

* 今まで一番恥ずかしかったこと:ムード出すぎてるよ

* 今まで一番腹立ったこと:「ヌーディーさんですよね?」と言われたこと

* 趣味、ストレス解消法:俳句、歌うこと

* ダイアン津田の結婚披露宴パーティー会場にて「右から来たものを左へ受け流すの歌」を披露し、会場にいた芸人にバカうけする。

* オールザッツ漫才2006で「右から来たものを左へ受け流すの歌」を披露。
審査員であった陣内智則、若槻千夏、ケンドーコバヤシは勝山の存在を知らなかったが、歌い終わった後、全員が爆笑し、見事陣内の結婚式2次会へ呼ばれることになった。
しかし司会のサバンナ高橋は1次会へ勝山を呼び、「右から左へ入場しましょうよ」と言ったものの、陣内に「何で勝山きっかけで入場しなあかんねん」と笑いながら断られた。
そのとき陣内が「右から左だけなん?上から下はないん?」と聞くと、高橋と勝山は言葉を濁した。その数時間後、また勝山が登場し「上から下に落ちてくるものをただただ見ている男の歌」を披露すると、陣内は「悪い、知らんかった。後で歌うんやったら言うてくれたらええのに。ごめん。」と笑いながら謝罪。

* 「右から来たものを左へ受け流すの歌」はフルコーラスで6分程ある。

* TVの収録で「右から来たものを左へ受け流すの歌」を歌おうとしたとき、歌のイントロを忘れてしまい、近くにいた芸人に「この歌どんなメロディーやったっけ?」と聞いていたらしい。

* イントロを忘れるくらい曖昧なわりに、歌のタイトルを『右から左へ』と略されることには不満を感じているらしい。

* 「爆笑レッドカーペット」(FNS)で「右から左へ受け流すの歌」を披露し、その後、番組セット内のベルトコンベアを利用してポーズを決め、「右から左へ受け流される〜♪」とベルトコンベアの動きに合わせ見事に締め、大笑いを獲得しアンコールを要求され高評価を得た。
ちなみにアンコールでは「上から落ちてくるものをただただ見ている男の歌」を披露した。

* テレビなどで、ムーディー勝山と誤って呼ばれることがあり正確にはムーディ勝山であるが、本人はあまり気にかけていない。なお「ムーディ」表記で強調するようになったのは「ちちんぷいぷい」出演以後である。

* 押切もえがムーディのことを面白いと絶賛した。
<ムーディ勝山の持ち歌>

* 右から来たものを左へ受け流すの歌
* 上から落ちてくるものをただただ見ている男の歌
* 数字の6に数字の5を足しましたの歌
* 2日前から後頭部に違和感がある男の歌
* ただ単にキノコのことを歌った歌
* 37歳の唄(メッセンジャー黒田の37歳の誕生日を祝って相方のあいはら、月亭八光を前に歌ったもの。)
* 嫁はんがチョイスしたシャツを着てるの歌(犬井ヒロシとのコラボ。バッファロー吾郎木村の事を歌ったもの。)
* 頭に違和感を感じた歌
posted by ムーディー勝山お笑い動画FAN at 15:36 | ●ムーディー勝山のプロフィール